湿気が入った
時計の密閉性が低下しているため時計のガラス縁、竜頭取り付け部分あるいは裏蓋とケースのかみ合わせ部分等
から水分が浸入したと考えられます。内側のくもりがいつまでも抜けないようですと、機械部品等が錆びるおそ
れがあります。古い時計の場合はケースやパッキンの劣化により製造当時レベルの防水性能をキープすることは
難しいので、大雨の日は使わないようにするなど使用方法に工夫が必要です。 くもりの程度によっては早めに
内部乾燥またはオーバーホールを実施した方が良い場合もあります。
無料お見積りフォーム
お見積もりご希望の時計のブランド名と型式などはわかる範囲で結構ですので下記のフォームにご入力お願い申し上げます。「お問い合わせ内容・依頼内容」では 可能な限り故障の症状と原因と思われることなどをお知らせください。

※ このメールフォームでは24時間受付ております。送信後、自動返信メールが送られるようになっております。お気軽にご相談ください。
   
  • 無料お見積もりフォーム 「※」   がついている項目は必須です
(半角文字でご入力ください)
  
(半角文字でご入力ください)
  
   (半角文字でご入力ください)
- (半角文字でご入力ください)
  
 
   (全角文字でご入力ください)
 
  
  
(半角数字)例:023-641-2611
  
   (複数回答可)
クロノグラフ(多針)の場合、そちらにもチェックしてください。
参照
 
修理をご希望の
時計の写真をお送りください。

一度に5枚までの時計の画像をお選びいただけます。
(総サイズ 8MBまで)
画像のアップロード 閉じる